文化財

日本語/文化財 2017.10.27 18:01

 

 

文化財


 

 

多宝塔(国宝20号)

多宝塔(国宝第20号)

釈迦牟尼仏様説法賛嘆するダボ象徴するである

`過去仏様`であるダボ `現在仏様`である釈迦牟尼仏様説法するしいと証明するのを形象化するものである

法華経内容直接描ることができるように釈迦塔てたと

10m 40大雄殿釈迦塔んでっている

建築年度統一新羅時代751だとられている

 


 

   

釋迦塔(国宝2号)

釋迦塔(国宝第21号)

名称釋迦如來常住設法塔である釈迦塔だとわれる

釈迦牟尼仏様仏様教化象徴するさは8m 20㎝ 751ちました

また釈迦塔以前てられた感恩寺址三層石塔継受したわが国三層石塔典型だと評価されている

発見された世界初木板印刷物である無垢浄光大陀羅尼経など70あまりの文化財一括して国宝第126指定されている 

 


 

 

蓮花橋. 七寶橋 (国宝2)

 

蓮花橋. 七寶橋 (国宝第22号)

 

蓮花橋七寶橋大雄殿西位置した極楽殿領域がる石造りの階段である

蓮花七寶橋としてわれたりもする

蓮花橋230㎝、148七寶橋406㎝、116である

階段まれている部分蓮花橋七寶橋· · ガラス· 水晶· 珊瑚· 瑪瑙· 琥珀つの宝石であることからその由来した

この階段はアニャンがりると阿弥陀仏極楽世界である極楽殿領域るようになる

 


 

 

靑雲橋, 白雲橋国宝2)

靑雲橋, 白雲橋(国宝第23号)

からは紫霞門がって釈迦牟尼仏様がまつられている大雄殿じる

この階段2でなっていてにあるものは青雲橋6.3m17階段になっているしにあるものは白雲橋5.4m16階段になっている

この階段仏様のいらっしゃる忉利天意味33数字欲界 である33象徴する 

 


 

 

金銅毘盧舍那佛坐象(国宝26)

金銅毘盧舍那佛坐象(国宝第26号)

極楽殿金銅阿弥陀仏坐像国立慶州博物館にある栢栗寺金銅薬師如来立像一緒統一新羅3台金銅仏つでげられている

1.77m,55cm1.36mである

本来大雄殿にまつられていたけど日本による植民地時代時極楽殿阿弥陀仏極楽殿されその後現在毘盧殿主尊仏としてまつられている

毘盧遮那仏法身仏われ真理本体

 


 

 

金銅阿彌陀如來坐像(国宝27)

金銅阿彌陀如來坐像(国宝第27号)

極楽殿主尊仏としてまつられている

180cm48cmである

がっしりとしたボリュームのある々としたくびれたなどから理想的であながら洗練された統一新羅時代仏像様子をうかがうことができる 

 


 

 

大雄殿(宝物1744

大雄殿(宝物第1744号)

釈迦牟尼仏様まつられている法堂である

大雄すなわち きい英雄 釈迦牟尼仏様意味する

8世紀中葉新羅宰相であった金大城仏国寺建立した時初めて文禄慶長役中である1593年建物石造基壇除外しててが全焼した

1765年残ってあった基壇前側隣側各5間規模入母屋屋根建物として復元された

統一新羅基壇朝鮮18世紀建物結合された独特構造である   

 


 

 

 

架構式石築(宝物1745)

架構式石築(宝物第1745号)

傾斜した地形沿って大雄殿極楽殿回廊外郭自然石架構式 石築·いように築造した

棒石材区画した空間々な形相石材たしてんだ架構式技法石欄干構成等国内·外唯一無二構造である 

 


 

 

石窟庵(国宝24)

石窟庵(国宝第24号)

石窟庵新羅時代景徳王10751当時宰相であった金大城創建恵恭王10(774)完成建立当時には石仏寺だとわれた

景徳王新羅中期王様在位期間(742765) 間新羅仏教芸術全盛期すことになり石窟庵以外にも仏国寺多宝塔釈迦塔皇龍寺などくの文化財がその時期られた 

吐含山中腹白色花崗岩利用して人為的石窟内部空間本尊仏である釈迦如来仏像中心にしてその壁面菩薩像および弟子像天王像など40仏像彫刻したけど38だけっている

360りのたい円形である主室天井巧妙構築した建築技法世界由来のないれた技術である本尊仏326㎝、臺座160㎝、基壇上臺石272巨大仏像である

石窟庵199512月仏国寺にユネスコ世界文化遺産共同登録されることになった

 

 

 

 

 

 

 

 

저작자 표시
신고

'日本語 > 文化財' 카테고리의 다른 글

文化財  (0) 2017.10.27
Posted by 불국사템플스테이
TAG

댓글을 달아 주세요