仏国寺紹介


 

仏国寺大韓民国慶州にある韓国仏教代表する寺院であるしユネスコによって指定された世界文化遺産でもある仏国寺訥祗王新羅第19代王在位417-458時阿道和尙創建したとられている

統一新羅景徳王10751時宰相であった金大城前世のために石窟庵現世のために仏国寺きく重創したとわれてくる

当時記録によると大雄殿多宝塔釈迦塔靑雲橋白雲橋極楽殿無說殿毘盧殿などを、80あまりの殿閣があったと

 

仏国寺文禄慶長1593時放火破壊大部分建物全焼することになった戦乱1604から復旧重建まり日本による植民地時代まで40あまりにかける部分的重修った

1969年政府から仏国寺復元委員会構成され19702工事着手19736月大役事をしえた

この工事だけってあった無説殿観音殿毘盧殿經樓廻廊などが復原され大雄殿· 極楽殿· 泛影樓· 紫霞門などがしく整備されて様子わることになった1995には石窟庵一緒世界文化遺産登録されることになった

 

仏国寺昔新羅念願する理想的彼岸世界娑婆世界化現した道場である釈迦牟尼仏様娑婆世界阿弥陀仏様極楽世界ビロジャナ仏様華厳世界殿閣して形象化させた

 

1700あまりの中解体復原繰返しながら民衆たちにはとして仏弟子たちには佛法守護者として役割たしてきた

仏国寺には釈迦塔多宝塔そして石窟庵数多くの国宝宝物があって毎年何百万人仏国寺1700年韓国仏教歴史文化賛嘆している講院禪院にも数百僧侶たちが歴史伝統維持しながら清浄修行道場けている

 

 

 

世界的歴史文化都市慶州

992年間新羅であった慶州

新羅法興王新羅23代王514~540時仏教公認してかしい仏教文化をあげそこいをって高句麗百済併合676には三国統一偉業果たした

1995っては仏国寺石窟庵世界文化遺産として登録され2009には慶州南山月城大陵苑皇龍寺跡明活山城など5地区慶州歴史遺跡地区として世界遺産登録することになった

2010には慶州良洞村世界文化遺産されながら慶州3世界文化遺産保有する世界的歴史文化都市としてその世界えている

 

저작자 표시
신고

'日本語 > 仏国寺紹介' 카테고리의 다른 글

仏国寺紹介  (0) 2017.10.27
Posted by 불국사템플스테이

댓글을 달아 주세요